~~
今回、IoTメディア初となる取材に応じて頂いた「株式会社ウェアラブル」
スポーツウェアとウェアラブル機器との融合を目指す同社は
現在、自社製品を製作中となる。

そんなウェアラブル社の代表取締役の大久保代表にお話を伺いました。

-ウェアラブル創立のきっかけとは何でしょうか?-
ウェアラブル機器とスポーツウェアの融合をしたいと思ったためです。
今の時代に欠かせないスマートデバイス等を、スポーツしているときでも
身につけていられるように、さらに言えば
それが、おしゃれであること
私自身、ジムでのトレーニングやジョギング等をしていますが
ウェアを探すと、この両立をしている製品がなかなかないと感じたためです。

-確かにその両立が出来ているウェア、というのはあまり浮かびませんね-
そうなんです。
そして、コンセプトとしては
「近未来」をイメージできるもの、です。

-なぜ「近未来」なのでしょう?-
単純に格好いいと思ったのも1つです。
スマートウォッチ等のウェアラブルデバイスが普及する昨今
私が幼い頃に漠然と思っていた「近未来」というのが
目前まで来ているように感じます。
それに合わせて、スポーツファッションも近未来をイメージできるものにしたいと思いました。

-幼い頃に~というのは例えば、車が飛んでいたり透明なパイプのようなものの中を走ったりとかのですか?-
そうですね。
そういった、ベタな近未来です笑
そのイメージでは、服ってぴったりしてたんです。

-あぁ~確かに・・・笑-
なので、ウェアラブル機器と融合する、と言っても
かさばるような服というのはあまり考えてないですね。

-なるほどです。アイドルに製品を提供したともお聞きましたが-
そうなんです!
ロボットガールズというe-sportsアイドルなのですが
自社製品ではありませんが、当社がイメージするものに近いウェアを提供させて頂きました。
-全身ですか?-
そうです!
ウェア以外にも、光るシューズやヘッドホンも提供させて頂きました。

着て頂いたものを見て、とても似合っていましたし
ブランドとしてのコンセプトも、改めて自信を持てたというか
イケてるな、と確信を持てました。
今までよりさらに、早く自社製品を作りたい!という気持ちが強まりました!
今後、当社のスポーツウェアが完成したら提供させて頂く予定です。

-おぉ~!非常に楽しみですね!-
そうですね!
ゲーマーとアイドルの融合であるロボットガールズに
ウェアラブルとスポーツウェアの融合である当社の製品は
良くマッチすると思っています。
また、「近未来」というコンセプトもマッチしているかなと。

-確かにそうですね、e-sportsというと、会場も「近未来」的な作りだったりしますし-
ウェアともマッチしますし、単純に格好いいですよね。
今後、e-sportsもますます盛り上がっていくことになると思うので
ウェアラブル社の製品でさらに盛り上がりを加速させられたらいいなと思っています。

-そんな、今後が楽しみなウェアラブル社ですが、今後の商品のラインナップはどういった予定でしょう?-
今ある、スマートウォッチや360度カメラ
スポーツウェアとしては、パーカー・ショートパンツ等
スポーツをする上でのマストアイテムから展開する予定です。

-将来の展望を聞かせてもらえますか?-
スボーツファッションブランドとしての確立を目指しています。
その上で、そのウェアに融合するデバイスの販売等も引き続き行ってきたいと考えています。

-デバイスの製作も視野に入れている、ということでしょうか?-
そうですね。
まずはウェアから、となりますが
いずれは、と思っています。

-ありがとうございます。
今回は、ウェアラブル社の製品製作段階での取材となりますので
ここまでとさせて頂きまして、次回は製品完成後に改めて取材させて頂けましたらと思います。-


※株式会社ウェアラブル
HP:https://wrb.co.jp/shop/
楽天市場店:https://www.rakuten.co.jp/wearable/


※機械少女団※
アイドル×ゲーマーをコンセプトとしたe-sportsで活躍すること
アイドルとして活躍することを目的として結集したゲーマーアイドル
・HP:http://robot-girls.net/
・Twitter:https://twitter.com/robotg_official
・Instagram:https://www.instagram.com/robotgirlsofficial/