シャープは、2019年1月8日(火)から1月11日(金)まで、米国ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES 2019」に出展します。今回、セントラルホールに一般公開ブースを構えるものであり、4年振りに本格的に出展いたします。

■ブース イメージ図

■ブース イメージ図


 事業ビジョン「8KとAIoTで世界を変える」のもと、当社ブース内に「8K」「AIoT」「Home」「Business」の4つのエリアを配置しました。8K関連機器・デバイスやソリューションに基づく「8Kエコシステム」、AIoT家電やロボティクス、センサなどを活用した「AIoTソリューション」、さらには、ホームやB2Bの各シーンで業界をリードする当社の最先端の機器・ソリューションを体験・体感いただけます。

 当社は、8Kの先駆者として「8Kエコシステム」、並びにCOCORO+サービスなどの「AIoTソリューション」を、日本市場を軸に展開してまいりました。今後、この流れをグローバルで加速してまいります。

■ 出展場所

 ラスベガス コンベンションセンター(米国ネバダ州) セントラルホール/16006

■主な出展内容
8K
 ・8K関連機器(映像モニター/マルチディスプレイ、カムコーダー、オーディオ)
 ・8K関連デバイス(CIS(※3)、映像処理システム半導体、チューナーフロントエンド)
 ・8Kソリューション(IP伝送、5G、教育展開)
 ・8K関連テクノロジー(アップコンバート技術)
AIoT/Home
 ・OLED関連(スマートフォン、フレキシブル技術)
 ・ペットソリューション(猫用ペットケアモニター、犬用バイタル計測システム)
 ・ロボホン/活用ソリューション
 ・キッチンスイート(ビルトインタイプキッチン商品群)
 ・ホームアプライアンス(過熱水蒸気オーブン、空気清浄機、関連アプリ)
Business
 ・プロ向けディスプレイ、タッチディスプレイ
 ・ノートPC「dynabook(※4)」、MEC(Mobile Edge Computing)ソリューション

※1 「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット化)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていくビジョンです。「AIoT」は、シャープ株式会社の登録商標です。
※2 Consumer Electronics Show:家電見本市
※3 CMOSイメージセンサ
※4 dynabookは東芝クライアントソリューション株式会社(2019年1月1日にDynabook株式会社へ社名変更予定)の登録商標です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181218-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181218-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
http://www.sharp.co.jp/press/p181218.html