アナログ電話をスマートリモコン化するデバイス「hackfon」のM5stack版の開発を発表

FutuRocket社はCES 2019 Eureka Parkにて、J-Startupパビリオン内に出展を行います。
また開発者を中心に人気を集めている小型マイコンM5Stackに対応した、アナログ電話をスマートリモコン化するデバイス「hackfon」の開発を発表致します。

アナログ電話をスマートリモコンに変えるIoTデバイス『hackfon』を開発するFutuRock​​et(フューチャーロケット)株式会社は、ラスベガスで1月8日から1月11日まで(日本時間1月9日から1月12日)開催される世界最大の家電見本市に出展します。
CESでは、世界中のハードウェアスタートアップが500社以上出展を行うEureka Parkと呼ばれる会場内のJ-Startupパビリオンにて展示を行います。

J-Startup
 
 
また開発者を中心に人気を集める深センのハードウェアスタートアップによる小型マイコンM5Stackに対応した『hackfon』の開発を進めていることを発表致しました。

hackfon
開発を進めているhackfon M5Stack版

 
 
詳細は、下記のJETRO公式リリースページをご確認ください。
■CES2019 “Eureka Park” J-Startupパビリオン出展企業22社決定
https://www.j-startup.go.jp/news/news_181210.html
■「CES Eureka Park」J-Startupパビリオン
https://www.jetro.go.jp/events/iib/a12fc22613195f47.html